スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
謹 賀 新 年
2017 新年_R


 新年を迎えるために、家内が生花をしましたので掲載しました。最近はテレビでも生花や俳句が流行っていますが、今回の作品は如何ですか。私はなかなかの出来栄えと思うのですが・・・。下に敷いたものは、家内が以前やっていた手織りの作品で、裂き織りです。手織りは織り姿勢が悪く腰に来るので、止めて10年近くになります。 写真は実際のものより少し縦が詰まった肝心に写っています。ちょっと残念!

 下の敷物は、家内が以前やっていた手織りの作品で、裂き織りです。手織りは織り姿勢が悪く腰に来るので、止めて10年近くになります。

2017 年賀

 最近は年賀状の代わりにラインやE-mail等でのご挨拶に変えていますが、それでも年賀状のご挨拶も多く頂くので、年末に描いた山中湖の逆さ赤富士(朝6時45分ころ)を使いました。一昨年沖縄で始めた水彩画ですが、趣味で楽しんでいるので、出来栄えは気にせずに掲載しました。

 近くに住む絵画商の方から「興味のあったものを小さな手帳でもいいから描き楽し見なさい」とアドバイスして頂き、今に至っています。
 

新年 | 22:45:28 | トラックバック(0) | コメント(3)
クリスマス リース
image (3)


  前回はスエーデンへのハンドボール視察でしたが、今回は家内が作ったリースです。我が家の隣人が16m以上のモミの木を伐採されたので、その枝を頂いてクリスマス用のリース制作したものです。家内の友人数名にもモミの木の枝があることを連絡したところ、大勢が持ち帰られました。直径50cm以上の幹も、60cm程度で輪切りにされていたので、近くのバイブルスクールのスタッフがその場で斧をふるって薪にして持ち帰りました。この丸太を処分すると多額の費用がかかりますが、無料で済んだので伐採業者も喜んでいたので、1石三鳥にもなったようです。

 今日は朝から土砂降りです。クリスマスに雪が積もることもあるのですが、今年のクリスマスはホワイトクリスマスの期待をするのは無理なようです。

P1020800_R.jpg


今夜はクリスマスイブ。どちらかといえば、やおよろずの神を信じる我が家では、クリスマスは単なる遊びの機会に過ぎませんが、3家族でのクリスマスパーティーの準備完了! 今夜のメニューはオードブルにサーモンとアボカドのマリネに白ワイン、メインはラクレットで溶けたチーズを肉や野菜にかけて食べます。この時は大好きな赤ワイン(CARNIVOR)で2回目の乾杯! デザートは家内の手作りケーキとネスプレッソコーヒーの予定です。

 キリスト教を祝い、31日には寺に出向いて除夜の鐘を聞き、正月には近くの浅間神社にお参りをする運びです。このところ、スポンジテニスで汗をかき、減量していたのですが、また体重が90kgを超えそうです。

| 14:02:13 | トラックバック(0) | コメント(5)
久しぶりのハンドボール観戦

P1020793_R.jpg
P1020792_R.jpg
P1020791_R.jpg

 久しぶりにヨーロッパのハンドボール大会を観戦に行って来ました。スエーデンのマルメ、イエーテボリ、ヘルシングボーの3都市で開催されていた女子ヨーロパ選手権大会の準決勝リーグを中心に7試合を観戦しました。3都市ともデンマークのシェラン島近くで、コペンハーゲンからマルメへは電車でつながっており35分で着きました。

 20年ほど前コペンハーゲンに住んでいたので、試合前コペンの街を散策しました。昼食には昔お世話になったレストラン東京のご主人(同年齢)に昼食をご馳走になりました。普段は夜だけの営業っですが、特別店を開けての接待をして頂きました。感激!

 昨年から水彩画もどきの趣味を始めましたので、コペンの町並みをのせています。上の絵がコペンハーゲンのショッピング通り ストロイエのロイヤルコペンハーゲンのある店や、ジョージ・イェンセンの銀食器の店などがあるところです。中・下段はニューハウン(訳せば新港になるが、古い運河の港です)の風景です。

P1020790_R.jpg

 こちらの絵は私が20年前に勤務した大学の学術センターです。コペンハーゲンからは30分ほど北にある高級住宅地区で、静かな環境に建っています。庭には茶室もあり、日本文化の紹介も行ってます。また、建物内には日本語図書が多く所蔵された、デンマーク公認の図書館も有り、日本語図書の貸出も行っています。
 デンマークに旅行する際は、このセンターにも是非立ち寄ることをお薦めします。ハムレットで有名なヘルシンガーのクロンボー城
へ行く途中にあります。

 ハンドボールの試合は準決勝リーグとは言え、白熱した試合が続き、3試合を見終えるとクタクタになり、スエーデンの町並みを散策する気力が衰えてしまいました。イエーテボリで合流したハンド仲間と昼・夜食の場所を見つけるための歩きが、唯一の運動でした。10数時間の飛行機旅は苦痛ですが、やっぱりハンドボールの観戦は最高でした。

P1020797_R.jpg

 今回の旅行はスエーデンでしたが、試合観戦がメインだったので絵は1枚しか描けませんでした。ヘルシングボーの駅近くで、公園に通じる高台から見たものです。中央の白い建物が宿泊したホテルです。すぐ右手にはショッピング街や様々な料理のレストランが立ち並び、こじんまりとまとまった綺麗な街でした。クリスマス前の飾り付で、より一層街の雰囲気は盛り上がっていました。

年末 | 12:19:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
秋の気配と薪小屋作り


 旧薪小屋_R

 解体_R
 
 新規小屋_R

 5年前 我が家の裏手の土地が売りに出され、畑でもしようかと手に入れたのですが、努力に報われるほどの収穫を得られなかったせいもあり、売りに出していました。幸いなことに今土地の買い手がつきそうなので、薪小屋(写真上)を解体しています。薪が積んであった部分を解体(写真中)し、基礎の部分に巻スペースを確保(写真下)しました。ついでに陶芸やバーベキューの際の洗い場にも屋根をかけ、前より快適になりました。
 屋根に登り不安定な足場で解体や新規薪小屋作りをしていたせいか、夕方にはクタクタとなって、夜の快眠が続いています。体重も1.5kgほど減っています。次は知人宅の薪小屋作りやテニス練習ボードの制作依頼があるので、日当1000円の仕事で今年の秋は忙しく過ごせそうです。私はボランティアで良いというのですが、無料だとかえって気を使うとのことで、一応1000円頂くことにしています。ただ、昼食を作って頂いて終わりになることも多いです。

 野村紅葉16_R

 ドウダンツツジ_R

 薪小屋を移転していたここ1週間で、周りの景色が急速に変わってきました。庭の野村もみじが春からの赤紫から真っ赤な色へと変化し、垣根のドウダンツツジも黄色から赤みを増しています。これでも例年よりは紅葉が遅いようで、富士山にも全く雪が積もっていません。
 今年はラニーニャだったので、そのせいかもしれません。昨日は鳥取で大きな地震が発生していますが、これも気候の変化のせいかと心配です。

| 08:33:07 | トラックバック(0) | コメント(1)
古希の記念に陶芸展示会


P1020736_R.jpg

 作品の展示会を控え、玄関周りを改修した。近くの建築会社で枕木を購入し、駐車スペースの周りには枕木を10cmくらい出して埋め込み、道路から駐車スペースに細かい砕石を入れました。スロープの両サイドには細かい玉砂利を配置したので色が変わり、なにかいい感じに出来上がりました。

P1020737_R.jpg
 
 このところの台風の影響で雨が多く、庭のコケも色鮮やかになっています。掃き掃除も完了し、9月16日からの陶芸展示会の準備も進んでいます。たまたまこの時期を選んだのですが、テラスへ通じる階段の右には彼岸花が咲き始めました。

P1020735_R.jpg

 雨続きだったここ1週間、我が家の周りでは写真のタマゴダケがあちこちに出ています。ここ数年、大量の収穫が続いています。
以前からも2~3本は庭で収穫できていたのですが、色が毒々しく気味が悪くて、近くの奥様にプレゼントしていました。その方の話では、高級キノコの部類にも入るそうで、スパゲッティに入れて炒めると最高だそうです。
 ただ、近所の自然観察インストラクターによると、よく似た毒キノコがあり、袴をはいているかが見分けることだそうです。袴を履いていればOKだそうです。

P1020734_R.jpg

 2008年に陶芸を初めて以来、家で使っていた陶芸品などを中心に、年度別にまとめてダイニングルームを中心に展示しました。
陶芸を始める前に4度だけ指導を受けた、忍野の陶芸家 松田先生との思い出の作品を先頭に、指導者のいない村の陶芸教室で悪戦苦闘していた作品が続きます。
 途中で同じコップの重さが軽量になる様子を感じ取っていただくため、作品を手にとって鑑賞いただくようにしています。道志の手びねり陶芸家 石川氏に削りの指導を受けて、ハンドボールの卒業生への結婚プレゼント用コップも飛躍的に軽くなりました。昨年から沖縄で水彩画を習い、本年6月からカップに描画するようになりました。展示品の最新作は、これらの作品です。

 作品を飾る敷物のうち、手織りのものは家内が以前趣味で作っていた作品を提供してもらっています。帯生地のの敷物は、家内が孫の世話のためフランスに戻っていた間に、私がリサイクルショップで買い求め、カットして手縫いしたものです。

 自己満足の世界で楽しんでいる展示会ですが、久しぶりに多くの友人に会えたので大成功です。

P1020738_R.jpg

 私は満足な3日間を過ごしていますが、毎夜20~30人分のケーキを焼く家内は、てんてこ舞いをしていました。でも、来訪者の皆様からは、家庭料理の味がする手作りケーキと好評でした。また、近所の奥様(カナダ人)からも手作りケーキが届いたので、多くの皆様にお菓子を提供できそうです。

 余談ですが、近くのCAFEから家内の手作りケーキを扱いたいとのオファーが届いています。

  皆様に感謝!感謝!


 




| 06:56:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。