■プロフィール

2236

Author:2236
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

誕生日と描き初め
2018 誕生日少し大きい文字

 家内の友人宅で誕生祝いをして頂きました。中華料理が得意でとても美味しいので、我が家が食事の招待を頂いたときはいつも中華料理を出していただくようお願いしています。オードブルのキクラゲに、春巻きと酢豚、青椒肉絲と続きデザートは隣人ご夫妻からの名前入りの大きなショートケーキを1/3ぐらい頂きました。食事中に大好物の赤ワイン(カリフォルニア産)を飲めたので、大好物のオンパレードでした。

2018新年画_R

 普段水彩画はB6サイズの小さな画用紙に、1~2日かけて完成させていました。しかし、今回は新年で時間的にも余裕が在ったので、6倍以上のサイズの用紙に京都・知恩院の絵を描いてみました。結果はともかく、私にとっては1週間以上かけた大作でした。せっかくなので、家にあった油絵用の額に入れて飾ってみました。 

スポンサーサイト
新年 | 13:01:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
仕事始め
P1020928_R.jpg


 新年早々お風呂場のリフォームに着手しました。我が家はアメリカ材のログハウスで、窓はペアガラスになっているので断熱効果は最高です。ただ、浴室だけは日本製のため、出窓は1枚ガラスです。そのため、真冬は戸外がマイナス15度以下になることも多く、唯一寒さを感じる場所でした。露天風呂と思えば良いのですが、年を重ねるにつけやや辛くなってきていました。

 そこで、Youtubeに画像説明のあった寒さ対策の2重窓作りに挑戦しました。ホームセンターで5mm厚のパネルとプラスチック製のレール(上下)及び縦(歪み止め)、養生紙テープ1cm幅、水に強い両面テープ(1cm)を購入しました。風呂場の上下に直接両面テープを貼ると撤去時に剥がすのが困難となりますが、養生テープを先に貼っておくと剥がすのが簡単になります。
 作業時間は3時間程度で費用は4000円程度でした。早速、お風呂を沸かして入ってみましたが、室温は10度程度向上した感じでした。頭を洗う際も濡れた髪が冷たくならず、快適に過ごせるようになりました。

 もしも、1枚ガラスで寒い思いをしている方にはお勧めですよ!



新年 | 13:10:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年初めての積雪
P1020810_R.jpg


  昨年は珍しく11月に30cm近くの積雪がありましたが、今年は例年より1週間ほど早く積雪がありました。以前は成人式のある1月
15日前後に根雪となる大量の降雪がありました。近年成人式が早くなったせいか雪まで早く降るようになったのかな?

  庭裏(200坪)を処分したので、大きな薪小屋が無くなりましたが、気の周りに積んだ薪も綿帽子をかぶっています。朝は薪の型をした雪の山だったので、雪が融けるのを待っていたら雪帽子も融けて少し残念な絵になりました。

新年 | 16:53:46 | トラックバック(0) | コメント(1)
謹 賀 新 年
2017 新年_R


 新年を迎えるために、家内が生花をしましたので掲載しました。最近はテレビでも生花や俳句が流行っていますが、今回の作品は如何ですか。私はなかなかの出来栄えと思うのですが・・・。下に敷いたものは、家内が以前やっていた手織りの作品で、裂き織りです。手織りは織り姿勢が悪く腰に来るので、止めて10年近くになります。 写真は実際のものより少し縦が詰まった肝心に写っています。ちょっと残念!

 下の敷物は、家内が以前やっていた手織りの作品で、裂き織りです。手織りは織り姿勢が悪く腰に来るので、止めて10年近くになります。

2017 年賀

 最近は年賀状の代わりにラインやE-mail等でのご挨拶に変えていますが、それでも年賀状のご挨拶も多く頂くので、年末に描いた山中湖の逆さ赤富士(朝6時45分ころ)を使いました。一昨年沖縄で始めた水彩画ですが、趣味で楽しんでいるので、出来栄えは気にせずに掲載しました。

 近くに住む絵画商の方から「興味のあったものを小さな手帳でもいいから描き楽し見なさい」とアドバイスして頂き、今に至っています。
 

新年 | 22:45:28 | トラックバック(0) | コメント(3)
2014 初窯
P1010996_R.jpg

 昨年より初窯用にコップを作っておいたのですが、元旦の年賀状5通に結婚のお知らせが有り、至急コップの制作に取り掛かりました。本日窯から取り出したうち、既に1組分を宅配便で発送しました。昨年夏に山中湖村の陶芸教室を止め、自宅に小さな陶芸工房を作りました。小さな窯なので一度にコーヒーカップ3組がやっとです。粘土と釉薬(色付け)は、共に2種類しか有りません。粘土は古信楽の白と黒泥で、釉薬は白萩と黒天目です。それでも、写真のように雰囲気の異なる色付けを行えるので、色々な色パターンを考え楽しんでいます。
 
 昨年の夏からだけで、50組以上のコップを作ったのですが、結婚のお祝いと来客へのお土産にしていたら、殆ど手元には残りませんでした。私にとっては嬉しい悲鳴でした。今年も頑張らなくては・・・。

新年 | 14:48:21 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad