■プロフィール

2236

Author:2236
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

絵画教室
P1020422_R.jpg

 下の 1作目の絵が気に入らなかったので、2作目の風景を探しに海洋博公園まで散歩しました。公園内の我が家のプライベートビーチ(この時期誰もいないだけ)の写真を撮り、自宅のテレビに大きく再生して描きました。水彩色鉛筆で描くのですが、全体的に薄くなり大胆な色使いが出来なくて困っています。場数を踏むしかないのかと考えています。

P1020409_R.jpg

 沖縄での生活も3ヶ月が過ぎました。美ら海水族館のある公園や山側に点在する農家の間を散歩したり、時々ゴルフに行くなどして毎日を過ごしています。1週間前から近くの公民館にある絵画教室に入会しましたが、とりあえず描いてみました。本来は水性鉛筆なので、水を含んだ筆で上からなぞれば、うまくボカシができるそうです。でも、塗りに鉛筆の線が残らないように出来るまで、敢えてこのままにしています。
 絵を勉強する(描く)のは中学校以来だと思いますが、小さなスケッチブックでも2時間近くかかりました。出かけた時にさっと十数分で描けるようになるのが、今の課題です。いつになることやら。
 大判のスケッチブックと24色程度の水彩色鉛筆をネットで購入予定ですが、今は教室にある材料で1作目を製作中です。 我が家での練習第1作目(上図)は、バルコニーからの景色です。百均ショップにあった12色の水彩鉛筆とスケッチブック、総額216円でも結構楽しめました。

スポンサーサイト
日常 | 17:56:29 | トラックバック(0) | コメント(1)
我が家のキッチンガーデン
P1020122_R.jpg
 

 我が家の裏庭で、今年もキッチンガーデンを楽しんでいます。畑の上の段から、ジャガイモ・モロッコインゲン、下仁田ネギとサニーレタス、ハーブを栽培しています。画面左下にはブルーベリーとスグリ・ズッキーニ・人参・赤カブと続きます。

 作物の種類は多いのですが、少しづつ苗を植えているので、多くの収穫は期待できません。また、肥料は庭に落ちた枯れ葉の腐葉土と薪ストーブからでた灰のみなので、野菜も充分に育ちません。でも、野菜は頑張って育とうと努力するせいか、スーパーの野菜よりおいしく出来ている気がします。

 サニーレタスは7株栽培していますが、茎の下部から少しづつ葉を切り取っていくと、茎が伸び上のほうに葉が育ってゆきます。この収穫方法だと、7株でこれから夏の間ほぼ毎日2人で新鮮なサラダを食べ続けられます。ベランダなどにプランターを2個置いて栽培すれば、同じように収穫できます。試してみては如何ですか。


日常 | 10:31:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
台風一過
P1010809_R.jpg
9月15日から16日にかけて、台風が日本に上陸し、各地に被害をもたらしました。特に報道されたのが、京都嵐山の渡月橋を超えて流れる濁流でした。
ここ山中湖でも大量の雨が降り、県内ニュースでも報道されるくらいでしたが、台風が通り過ぎて数時間もすると台風一過で青空となり、空気も澄んで、夕方には写真のような景色が広がりました。台風は厄介者ですが、粋なお土産も遺してくれました。

日常 | 20:35:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
たまご茸
たまご茸
例年だと8月下旬に収穫できる「たまご茸」が、今年は7月26日にはこんなに大きく成長していました。今年は7月初旬に梅雨が明けると同時に3日連続の猛暑となり、山梨県が日本で最高の気温を記録したほどです。その後、少し気温が低下し、朝方は20度を下回る事が多くなったので、きのこが早々と秋を感じて出てきたのかもしれません。
たまご茸がでてきたことを友人に連絡したら、早速収穫に来られました。私はどうもこの色に馴染めなく、食べる気がしません。家内も昔、キャンプできのこを収穫し夕食で食べたところ、キノコにあたったので敬遠しています。
キッチンガーデンのモロッコインゲンやアンデスの赤いジャガイモも食べごろとなってきているので、すでに食欲の秋に突入しそうです。
松茸が生えてくればいいのにね!

日常 | 16:51:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
我が家に陶芸窯が入りました。
 2007年に退職して以来、山中湖村の陶芸教室に通っていましたが、一昨日から自宅で陶芸活動が出来るようになりました。教室の窯と違ってコーヒーカップを6個焼くのが精一杯ですが、卒業生の結婚祝いに送るのが目的で始めた陶芸なので、十分楽しめます。制作場所は可愛がっていたマロン(雑種犬)が遺してくれた12畳ほどの基礎部分の部屋です。コンクリートに囲まれて殺風景ですが、本焼きで窯の温度が1230度まであがるので、その点ではベストな場所と言えます。
 昨日試運転で1230度の本焼き温度まで上げましたが、20度だった部屋が最高で3度ほど上昇していました。東京の夏の暑さから比べれば、天国のような環境と言えます。本日は早速用意していたコップ3個とコップ皿3枚を素焼き焼成しました。最高温度の800度まで5時間でしたが、取り出し可能な100度以下になるまで、12時間近くかかりました。大きな窯だと素焼きの取り出しまで2日以上かかっていたので、これでも手軽になった感じです。地下のアトリエ


日常 | 23:30:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad