スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河豚を賞味する会


フグ_R

 2月4日 大学時代のハンド仲間がセットしてくれた「河豚を賞味する会」に参加しました。知多半島と渥美半島の突端の間にある小さな島「篠島」にある民宿「岬」が会場でした。夫婦3組を含む7名に河豚を提供した漁師さん(教え子)とそのいとこの民宿岬のご主人の9名で大騒ぎをしてしまいました。 食事は写真で示す料理だけでなく、河豚のから揚げやふぐちりなど、食べきれずに翌日持ち帰りになる料理が半数近くになったほどです。

 そば 庵_R

 宴会の翌日は名古屋に住む仲間の家に招待され、蕎麦をご馳走になりました。蕎麦を育てその実をうすで挽き、蕎麦を打つのですが、最近自宅に蕎麦の庵(上の写真)を増設したほどの熱の入れ方でした。
そば_Rht="600" />

 蕎麦は更科風と田舎風(全粒粉)の2種類に分けてのおもてなしでした。どちらも美味しかったですが、私は田舎風の蕎麦が大好きです。ここでもおなか一杯食べたので、2日間で体重が数キロは増えたのではと心配です。

 次回は大学時代にともに練習し試合で戦った70前後の仲間全員に連絡を取り、楽しみたいと言う思いが募ってきました。


スポンサーサイト
| 10:21:19 | トラックバック(0) | コメント(1)
クリスマス リース
image (3)


  前回はスエーデンへのハンドボール視察でしたが、今回は家内が作ったリースです。我が家の隣人が16m以上のモミの木を伐採されたので、その枝を頂いてクリスマス用のリース制作したものです。家内の友人数名にもモミの木の枝があることを連絡したところ、大勢が持ち帰られました。直径50cm以上の幹も、60cm程度で輪切りにされていたので、近くのバイブルスクールのスタッフがその場で斧をふるって薪にして持ち帰りました。この丸太を処分すると多額の費用がかかりますが、無料で済んだので伐採業者も喜んでいたので、1石三鳥にもなったようです。

 今日は朝から土砂降りです。クリスマスに雪が積もることもあるのですが、今年のクリスマスはホワイトクリスマスの期待をするのは無理なようです。

P1020800_R.jpg


今夜はクリスマスイブ。どちらかといえば、やおよろずの神を信じる我が家では、クリスマスは単なる遊びの機会に過ぎませんが、3家族でのクリスマスパーティーの準備完了! 今夜のメニューはオードブルにサーモンとアボカドのマリネに白ワイン、メインはラクレットで溶けたチーズを肉や野菜にかけて食べます。この時は大好きな赤ワイン(CARNIVOR)で2回目の乾杯! デザートは家内の手作りケーキとネスプレッソコーヒーの予定です。

 キリスト教を祝い、31日には寺に出向いて除夜の鐘を聞き、正月には近くの浅間神社にお参りをする運びです。このところ、スポンジテニスで汗をかき、減量していたのですが、また体重が90kgを超えそうです。

| 14:02:13 | トラックバック(0) | コメント(5)
沖縄海洋博世界蘭博覧会と習字
image (3)_R


  これは家内の作品です。昨年近くの公民館にある書道教室に入会し、初めて筆を握った時のものです。それまで公文に通って2年生までの漢字を覚えたので、書き順を忘れないように書道に挑戦しています。この時は注文した筆が届かなかったので、百円ショップで手に入れた筆を使用したものですが、なかなかの出来栄えと思います。既に私のレベルを超えています。

image (2)_R


  只今 海洋博公園で世界蘭博覧会が開催されています。家内は日課のごとく公園内を散歩していますが、その会場内でランを使ったフラワーアレンジメント教室が開催されていました。色々な生花の流派がボランティアで世話をしてくれます。会場にはオアシスや花が準備されており、自由に創作できます。時には修正して頂けることも有りますが、今回は修正の必要なしとの事だったので、家内はとても満足しています。

| 10:37:05 | トラックバック(0) | コメント(1)
桜と冬の活動
P1020612_R.jpg


 1月23日から始まる桜まつりの前に、八重岳へ桜を見に行って来ました。今年は暖冬で寒波による強風も少なく、快適な1日でした。桜はまだ3分咲き程度でしたが、写真のように7部程度咲いた木も多くありました。亜熱帯の植物を背にしての桜には少し違和感がありますが、心が温かくなる思いです。

P1020617_R.jpg


 前回にも掲載していますが、絵画クラブで練習した絵をアップします。毎週水曜日の午後は近くの公民館で絵を描いています。昨年は花を描く事が多かったので、今年は風景を水彩で描く練習を始めました。一般的な水彩画と異なり、0.3mmのペンでベースを描き、少し色彩を加えるだけのものです。 題材を考えるのが面倒なので、沖縄の観光名所を選んでいます。写真は一昨年訪れた読谷 やちむんんの里 (陶芸村)の登り窯です。絵の先生にはヤギ小屋ですかと聞かれました。自分では登り窯に見えるのですが、どうですか。そのうち鑑賞に耐える作品を掲載できると信じ頑張ります。私は絵画以外に週2回スポンジテニスと週1回名護でハンドボールを指導しています。
 
 ちなみに、家内は公民館の隣の部屋で習字を習っています。昨年まではKUMONで漢字を習っていましたが、2年生の漢字まで完了したので、あとは自習で頑張るそうです。最近は私の字よりも上手になっています。ブログにアップするよう勧めるのですが、今のところ拒否しています。そのうち内緒でアップしようと思っています。



| 10:11:21 | トラックバック(0) | コメント(1)
2016年 第2弾
P1020592_R.jpg


 昨年より沖縄本部町の公民館にある絵画クラブに入りましたが、水彩色鉛筆によるデッサンを中心に描いていました。正月休みで時間を持て余していたので、新年早々水彩絵具に挑戦してみました。ネットに掲載されていた”水彩画の描き方”のサンプルを見本に描いたものです。モデルとした先生の作品とはかなり差はありますが、自分としては満足できる第1回作品でしたので、記念に掲載しました。

P1020591_R.jpg

 下の絵は我が家の近くにある海洋博公園内にある古民家(移築)を描いたものです。上図は0.35mmの筆先が0.5mmの水彩ペンで描いたせいか、線が強くなりすぎたようです。

 今まではF6サイズの画用紙(一般的な大きさ)に色鉛筆で描いていましたが、細いペンでF6(ハガキ大)の画用紙に描いているので、すぐに完成できます。鉛筆を削る必要もなく、固く残ったパレットの絵具に水を含ませた筆を撫でるだけで彩色出来ます。



| 10:21:47 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。